セディールの効果

セディールの効果

セディールは不安障害や、うつ病、睡眠障害、自律神経失調症等の治療に用いられる薬です。
寝る前にイライラしてしまったり、翌日の事を考え憂鬱になって眠れない方などに向いている薬で、不安やイライラ、憂鬱を落ち着かせ不眠症状を改善します。
新しいタイプの抗不安薬で、安心感や幸福感を司るホルモン【セロトニン】のような働きをすることで、不安やイライラ、憂鬱な気分が晴れていきます。
効果が現れるまでに時間が掛かってしまい、直ぐに症状を改善したい方には向いていませんが、穏やかに作用することで、自然に症状を改善することが出来、離脱症状もおこし辛いとされています。
穏やかに作用するということは、薬の効果も強くはありませんが、その分副作用のリスクも軽減されます。
セディールを服用している方の殆どが薬の副作用が心配で、安全性を重視して選んでいる傾向にあります。
セディールは、副作用や薬に依存してしまうかもしれないと心配な方が、初めて使う抗不安薬におススメな薬です。

セディールの効果は緩やか

セディールは抗不安薬の中でも効果の発現が比較的に穏やかに発現するとされ、時間をかけてゆっくりと効果が現れる事で、薬の効果を時間することなく、自然と症状が改善されていく感覚です。
効果を実感した方の殆どは、周囲に人に気付かされたという報告が多く上がっています。
穏やかに作用しますので、身体にも優しく、離脱症状をおこし辛い、安全な薬です。

セディールの効果が出るまで

セディールには、即効性がなく、直ぐに効果が現れる事はありません。
また、この薬の特徴は、「気が付くと症状が改善されている」ということで、効果を実感することが殆どなく、少しづつ効果が現れていき、およそ2週間ほどで効果が現れるとされています。
効果が穏やかな事で症状が改善されている事に気付くことが少なく、周囲の人に教えてもらって気が付くことが多いと言われています。

セディールの副作用

セディールは安全性の高い薬なので副作用が現れる事は極めて少ないとされています。
稀ではありますが、その中でも特に多く報告されているモノが眠気になります。
これはセディールが抗不安薬として用いられている薬なので、抗不安以外の効果は副作用として報告されてしまうからです。
その他、倦怠感、食欲不振、吐き気、悪心、認知機能の低下、かゆみ、肝機能障害、などが上げられていますが、いずれも異常を感じた際には直ぐに服用を止める事で重篤な症状が現れる事は殆どないと言われています。

セディールの副作用の対処法

セディールには極めて副作用が少ないとされていますが、それでも副作用が現れてしまうことはあります。
その中でも多いとされているのが、眠気、倦怠感、ふらつきの報告です。
これらの症状が合わられた際は、先ず「様子をみる」ことです。
薬を飲み始めた頃は、身体が薬に慣れていないのでこれらの症状は軽度に出てくることがありますが、しばらく続ける事で身体が薬に慣れ始め症状が軽減していくことが殆どです。
様子を見続けられる程度の症状であれば、10日程様子を見て、それでも症状が改善しない場合は服用する薬の量を減らします。
薬が減る事で副作用も減っていきます。
その他の副作用が現れた場合も、対処法は様子を見て、減薬してみるという対処法になります。
どうしても薬があわない場合などは医師に相談して薬の種類を変更してもらうこともありますが、セディールは、抗不安薬の中でも安全性が高い薬ですので、その他の薬でも装用の副作用があり、セディールよりも強く副作用が出てしまうことがありますので、種類を変える際は担当の医師と相談して、慎重に判断して下さい。

セディールの飲み方

セディールは成人で1日30㎎を3回に分けて服用しますが、症状によっては1日20㎎を2回に分けます。
服用を忘れた場合は、気付いた時に服用しますが、1度に2回分を服用することは禁止されており、次の服用までに4時間以上空けるようにしましょう。
1日の最大量は60㎎とされていますが、突然用量を増やしてしまうと副作用を起こすリスクが高くなってしまいますので、用量を増やす場合は身体を薬に慣れさせてから、少しづつ増やしていきましょう。

アルコールとの飲み合わせ

セディールとアルコールは相互作用がなく、併用しても問題がない薬とされていますが、副作用を起こしやすくなってしまい、依存に繋がってしまうこともありますので、アルコールとの併用は避けるようにして下さい。
不安や緊張感、ストレスが強く、お酒を止める事が出来ないという方も多いと思いますが、アルコールは依存度が高く、脳に異常を起こしてしまい自分では止められなくなってしまいますので、耐性が付く前に早めにやめるようにしましょう。

セディールの効果的な飲み方

セディールは併用禁止な薬や、食事の影響が受けにくいとされています。
注意したい点は、穏やかに作用するので、効果がないと判断してしまい服用を止めてしまうことです。
毎日決まった時間に1日3回きっちり飲むことで、薬の効果が現れますので、医師の判断無く、急に辞めないで下さい。
また、アルコールとの併用は副作用が強まる恐れがあるので避けて下さい。

ルネスタとの比較

セディールとルネスタを比較してみると、セディールは穏やかに効果があり、不安やうつ症状を軽減してくれます。
穏やかに作用しますので、不眠症や入眠障害の方には直ぐに効果を実感することが出来ないので、物足りないかもしれません。
ルネスタにも抗不安の作用があり、不安や緊張感をリラックスさせることで、自然に眠ることが出来ます。
不眠症の場合は、服用するなら、きちんと眠りたいと思う方が多いので、入眠障害に悩む方は、まずルネスタを試してみてはいかがでしょうか。

セディールの口コミ

★★★★
入眠までがとてもスムーズで、毎日助かってます。寝る30分前くらいに飲むとちょうど良い感じです。半減期も短いので寝起きもスッキリです。ただ、私の場合は苦味が残るのが残念です。欲を言えばもっと苦味対策されると嬉しいですね。

★★★★★
精神的に打たれ弱くって、小さなことで直ぐに悩んでしまいよる眠れなくなることが多いので買ってみました。使ってみたらすごくよく眠れるようになりました。 また無くなったら注文します。

★★★★★
睡眠薬飲んでも疲れが残るっていう知人がいただけど、これは自然に寝付けるし、翌日まで残らずスッキリ起きられる。